『東映まんがまつり』内の『おしりたんてい』(©トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会)

アニメ業界の2019年は「復活」がキーワードだ。

東映が子ども向けアニメなどをまとめて上映していた『東映まんがまつり』を29年ぶりに復活させ、『おしりたんてい』など4本のアニメ作品を上映する。東映アニメーションの浅間陽介プロデューサーは「いま子ども向けのアニメ映画が少ないと感じることが多い。映画館という空間で本当の子ども向けの映画を楽しんでいただきたい」と復活に懸ける思いを語る。

シティーハンターや銀河英雄伝説も復活