いわさ・ひろみち●1942年生まれ。67年慶応義塾大学大学院修了後、三井不動産入社。95年取締役、97年専務取締役、98年代表取締役社長、2011年会長。(撮影:梅谷秀司)

つくづく思うのは、どん底だった1990年代末のあのとき、不動産の証券化というパラダイム転換を成し遂げてよかったということ。もし間接金融中心の時代が続いていたら、資金調達はしにくく、土地の流動性は低いままで、都会のあちこちで再開発が活発に行われている現在の光景は見られなかったに違いない。私たちも東京ミッドタウンをはじめ、千葉の柏の葉や、東京の豊洲、日比谷などで価値創造型の街づくりに取り組んできた。そしてポスト平成の時代には、何としても五街道の起点にして江戸の中心、東京・日本橋をよみがえらせたい。