つくづく思うのは、どん底だった1990年代末のあのとき、不動産の証券化というパラダイム転換を成し遂げてよかったということ。もし間接金融中心の時代が続いていたら、資金調達はしにくく、土地の流動性は低い…