求人情報誌に掲載されたアンカーキャストの広告。午後からの勤務をアピールしている(出所: 『タウンワーク社員』)

宅配最大手・ヤマト運輸が現場改革の切り札とする配達特化型ドライバーの「アンカーキャスト」(AC)。午後から夜間の配達を担う契約社員制度だが、足元の採用人数が社内計画の半分にも満たない実態が明らかになった。

同社は2020年3月末までに1万人規模のACを確保する目標を掲げる。本誌が入手した内部資料では、18年11月末時点の在籍数は3679人。11月までに8400人余りの確保を計画していたが、その半分にも達していなかった。

最繁忙期の12月はお歳暮やクリスマス商戦、おせちの配達で、宅配便の取扱量は通常月の1.5倍近くにも膨れ上がる。ヤマトの長尾裕社長は18年春の経済紙の取材で「この冬の繁忙期までには(目標の1万人の)半分は超えないと話にならない」と意気込んでいたが、採用の遅れは明らかだ。