厳しい経営環境が続く中、銀行はフィンテックに活路を見いだしている。

IDCジャパンによれば、2017年の国内金融機関のフィンテック投資は増加しており、22年には500億円を突破する見込みだ。

銀行にとってのフィンテックの重要性は人事にも表れる。三井住友フィナンシャルグループ(FG)は18年12月、19年4月付で太田純副社長が社長に昇格する人事を発表した。

同氏は17年4月から、銀行のデジタル化を推進するITイノベーション推進部やデータマネジメント部を統括してきた。國部毅社長は「これからの金融グループに最も影響を持つのはデジタライゼーション。これをどう取り込めるかで優劣が決まる」と、その重要性を強調した。