2018年9月の全米オープンで日本選手初のグランドスラム優勝者となった大坂なおみ。女子テニス界のリーダーとして君臨するか(新華社/共同通信)

全米オープン・女子シングルスで当時20歳の大坂なおみが優勝。グランドスラム(4大大会)シングルスで初めて日本選手が栄冠を勝ち取った。

もともと大坂の素質は高く評価され、2016年にはWTA(女子テニス協会)の年間最優秀新人賞にも選ばれた。しかし17年までWTAツアー未勝利、世界ランキングも18年初は68位だった。それが18年に入り急成長する。1月の全豪オープンで16強に進出すると、3月には第5のグランドスラムと呼ばれるBNPパリバ・オープンでツアー初優勝を飾る。