文芸評論家 斎藤美奈子
さいとう・みなこ●1956年生まれ。94年に望まない妊娠を扱った小説群を評した『妊娠小説』でデビュー。近著に『日本の同時代小説』。(撮影:梅谷秀司)

エンタメに秀作多し 頑張れ純文学

文芸評論のうち、私はどちらかというと純文学派なんですが、最近の娯楽小説は歴史、地勢をきちんと書き込み読み応えがあります。純文学はエンターテインメントに押されている。

宝島』の舞台は沖縄。沖縄のイメージって、政治とリゾートの二つに引き裂かれているけど、『宝島』はそこから抜け落ちているものをうまくすくい上げています。

キーワードは「戦果アギヤー」。米軍基地に侵入して物資を盗み出し、貧しい人々に分け与えたりもするねずみ小僧みたいな人たち。伝説の戦果アギヤー、オンちゃんが嘉手納基地襲撃後に行方不明になり、親友、恋人、弟の3人が自分の人生を生きつつ、オンちゃんの影を追うという青春小説です。二十歳(はたち)をとうに過ぎて、親友は刑務所を出て警官になったり、恋人は教師になったりと、読んでいて元気づけられる。冒険小説でもあるのでワクワクドキドキできる。