「フェルメール展」では、時間指定にもかかわらず長蛇の列ができている

平日の昼間に、美術館が立ち並ぶ東京・上野を訪れると、大勢の人でにぎわっていた。

お目当ては上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」。時間指定にもかかわらず、入場を待つ人で長蛇の列ができていた。同展では、ヨハネス・フェルメールの作品35点(作品数は諸説ある)のうち9点が来日。公開から2カ月弱で来場者30万人を突破した。書店には関連本がずらりと並び、注目度の高さがうかがえる。上野で2019年2月3日まで公開され、その後大阪市立美術館でも公開される。

また、18年の目玉の一つであった「ムンク展」も19年1月20日まで東京都美術館で開かれ、エドヴァルド・ムンクの『叫び』(ムンク美術館所蔵)を見ることができる。まだ見ていないという方は急ぎたい。

19年はゴッホ、空海に三国志…種類も多彩