音楽や演劇などのライブ市場は拡大が続いている。『ライブ・エンタテインメント白書』によると、2017年の市場規模は5151億円。12年比で約1.5倍になった。中でも音楽ライブの拡大が顕著だ。CDの売り上げが減少する中、ステージが新たな収益の柱になりつつある。

ただし、その会場は東京一極集中が際立つ。市場規模をエリア別で見ると関東が54%を占め、その内訳を見ても東京の割合がほとんどだ。

「出演者の多くが東京で活動している。また地方公演になると移動費やスタッフの滞在費など負担が大きい」(ぴあ総研笹井裕子所長)からだ。

そんな中、関西でライブエンターテインメントが盛り上がる機運がある。そのキーワードが「インバウンド(訪日外国人旅行客)」だ。