テレビで2018年最大のヒットドラマは「おっさんずラブ」だろう。ゲイカップルの純愛ストーリーが異例のブームを作ったが、ここ最近のテレビやネット配信のヒットのキーワード「タブーギリギリ」を象徴する作品といえる。19年もこの流れは加速するのか。

18年4月クールに放送された「おっさんずラブ」全7話の平均視聴率は4.0%。決して高くない数字だったが、放送終了後に話題が広まり、主演の田中圭は時の人になった。配信など放送外収入も伸び、テレビ朝日は「上期最大の収穫」と、経営面でも貢献したと認める。続編の映画化も決まり、19年夏に公開予定。後伸びに加え、おじさん同士の恋愛がテレビで支持されるなど異例尽くしだ。

ネット配信では、地上波では放送できない過激な内容や、番組スポンサーが敬遠する企画に挑戦する例が多い。Amazonプライム・ビデオで配信中の松本人志の密室笑わせ合いサバイバル「ドキュメンタル」や、浜田雅功の自動車合戦「戦闘車」などはまさにそれ。禁じ手ギリギリの路線で視聴者の興味を引き出す。

Amazonプライム・ビデオで配信中の「ドキュメンタル」(©2018 YD Creation)