ベルギーに衝撃的逆転負けを喫した2018年ロシアワールドカップ(W杯)の2カ月後に発足した新生サッカー日本代表が、好発進を見せている。18年内の5戦を無敗で終え、新体制初の公式戦となる19年1月開催のアジアカップ(UAE)では、2大会ぶりの王座奪回が期待される。

18年11月のキルギス戦後、森保一監督が「ここまでの結果がアジア杯の成績を保証してくれるものではない。チャレンジする気持ちでやっていきたい」と語ったように、ここからが真のスタートになるのは間違いない。大勝負を控える指揮官にリーダーとしての哲学や代表への思いを聞いた。

もりやす・はじめ●1968年、長崎市生まれ。長崎日大高からサンフレッチェ広島の前身・マツダへ。サンフレッチェ広島、京都パープルサンガ、ベガルタ仙台でプレーし、2003年に引退。その後、指導者に転身し、12〜17年に広島監督としてJ1を3度制覇。18年から東京五輪代表と日本代表の兼任監督に。(撮影:田所千代美)

──森保監督は「バランス重視の指導者」という印象を受けます。

確かに選手の頃から「前後左右をつないでバランスを取る」という意識は持っていた。今も歯車の一つとして働き、チーム全体を回す「潤滑油」のような存在でありたいと考えている。

──森保監督の世代は海外でのプレー経験が少ないですが、今の代表選手は大半が海外組で国際経験が豊富です。そのギャップをどのように埋めますか。

私は代表での国際経験はあるが、W杯は出ていない。今預かっている選手のほうが選手としての経験値が上と自覚しているし、自分の持っているものがすべてとは思わない。監督として選手に伝えるべきことを伝え、コンセプトを示す必要はあるが、「俺のほうが偉い」「俺の言うことを聞け」というスタンスはいっさいない。

私になくて選手にある経験や感覚は最大限生かしてほしい。選手とはコミュニケーションを取りながらやっている。

キルギス戦に臨んだ森保ジャパン。若手の台頭が目立った(日刊スポーツ/アフロ)