日本シリーズを連覇し、胴上げされる工藤公康監督(共同通信)

広島東洋カープのリーグ3連覇、埼玉西武ライオンズの10年ぶりリーグ優勝の後、福岡ソフトバンクホークスの日本一で幕を下ろした2018年。つねに首位争いを演じているチームがプロ野球を盛り上げた。カープ、ホークス共につわものぞろい、当然の結果だろう。

対してライオンズはいいバッターがそろい「打の力」でつかんだリーグ優勝だった。打線が活発でパ・リーグの強力投手陣をしても難攻不落であった。