2020年7月24日の東京五輪の開会式まで、1年と7カ月。19年春以降にチケットの販売も開始される予定で、いよいよ五輪の足音が近づいてきた。計画変更など紆余曲折を経た新国立競技場も19年11月に完成予定となり、こけら落としは20年元日のサッカー天皇杯決勝となる予定だ。

五輪の場合、競技ごとに事前のテストイベントが開催される。運営者のリハーサルという側面もあるが、メダルを目指す選手にとっても事前に会場の特徴をつかむ絶好の機会で、開催は19年夏からピークを迎える。同時に代表選考も本格化、五輪出場を目指す選手にとって、非常に重要な1年となる。ここではテストイベントの予定や、メダルが期待されている競技の代表選考方法を紹介していく。

一発勝負のマラソンや柔道、卓球など目白押し

19年最も注目すべきテストイベントは、9月15日に行われる「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)だろう。これは17年夏からスタートした「MGCシリーズ」といわれる各大会で、定められた順位と記録を残した選手が出場できるマラソン東京五輪代表決定戦だ。

コースは東京五輪と同じだが、新国立競技場が未完成のため、明治神宮外苑周辺がスタート・フィニッシュ地点となる。一発勝負で男女各2人の代表が決定(残り1人はMGCファイナルチャレンジで決定)する。

男子は18年2月の東京マラソンで16年ぶりに日本記録を更新した設楽悠太、さらにその記録を10月のシカゴで破った大迫傑が有力候補。ここに福岡マラソンで日本人として14年ぶりに優勝した服部勇馬が加わる。女子は前田穂南、松田瑞生、安藤友香らの名前が挙がるが、この冬のマラソンシーズンで新星が登場する可能性もある。

(左)2018年2月の東京マラソンで2時間6分11秒と16年ぶりに日本記録を更新した設楽悠太(日刊現代/アフロ)、(右)2018年10月のシカゴマラソンで設楽の日本記録を更新し2時間5分50秒で走破した大迫傑(AFP/アフロ)