スポーツ競技団体や学生スポーツ指導の現場で不正やパワハラの問題が噴出したのが2018年だった。

下表ではその一部を示したが、日本大学アメフト部の悪質タックル問題をはじめ不正行為・ハラスメント行為・不祥事が世間を騒がせ続けた。

たとえば、日本ボクシング連盟。18年7月末に「日本ボクシングを再興する会」が、JOC(日本オリンピック委員会)やスポーツ庁といった競技団体の監督機関に12項目にわたる不正を告発した。連盟側も不正を認め、会長職にあった山根明氏は辞任。さらにJOCは連盟へ18年度強化交付金を支給しないことも決めた。

日本ボクシング連盟の山根明会長は数々の不正発覚で辞任(時事)