「ゴールデン・スポーツイヤーズ」。2019年から21年まで国内で国際的なスポーツイベントが続くことから、そう呼ぶ人がいる。

その口火を切るのが19年9月からのラグビーW杯だ。世界の有力選手が集まり、レベルの高い試合を間近で見られる。初の決勝トーナメント進出を目指す日本代表にも注目だ。

東京五輪の準備の一環として、プレ大会(テストイベント)も本格化する。メダルを狙う選手たちは前哨戦と位置づけ、白熱した戦いを繰り広げるだろう。さらに代表選考も始まる。なかでも19年9月以降に順次開かれる国内マラソンの有力大会は、「マラソングランドチャンピオンシップ」と名付けられ、五輪出場選手を決める重要レースとなる。また世界柔道選手権(19年8月)は9年ぶりの日本開催で、これも話題を呼びそうだ。

海外での大きなスポーツイベントは、19年6月にフランスで開催されるサッカー女子W杯。前々回優勝、前回準優勝の日本代表はもちろん優勝候補の一角だ。9月開催の世界陸上も五輪前哨戦として、注目度が高い。

トイ・ストーリー4と新海監督の最新作が目玉