(撮影:尾形文繁)

2万4245円と2018年10月に終値で約27年ぶりの高値をつけた日経平均株価。19年の株式市場は、世界経済の減速から軟調な相場が予想される。しかし、個別に見ると好調な業績が期待でき株価が上がりそうなお宝銘柄がある。市場が波乱含みの時こそ、相場に左右されない好業績の銘柄を見極めることが重要だ。

12月14日に発売されたばかりの『会社四季報』新春号。18年度の全上場企業の営業利益は前期比5.7%増となる見通しで、9月時点の6.9%増から減速する。

業種別に見ると、自動車などの「輸送用機器」は減益幅が4%と9月末時点の1.2%から拡大。米中貿易摩擦による中国経済の減速が響く。また東京五輪需要で盛り上がる「建設業」も大型工事の一巡が影響して1.3%減を見込む。9月末時点の6.8%増から一転減益となる見通しだ。