ECB(欧州中央銀行)の金融政策は2018年に重要な節目を迎えた。6月の政策理事会で、15年3月から運用してきたQE(量的緩和政策)の段階的な縮小と年内終了を決断するに至った。

18年12月にQEを停止し、注目されるのは利上げ再開の可否とタイミングだが、この点もやはり6月の政策理事会の声明文に「19年夏以降、できるかぎり長く、政策金利を現行水準(マイナス金利)に据え置く」との表現が挿入され、市場の予想形成を促した。この表現の解釈には諸説あるが、大方の予想は「最短で19年9月に利上げ再開」というものである。

3つの理由からECBの利上げは困難

しかし、筆者はそうした見方は楽観的すぎると考えている。理由は大きく分けて3つある。具体的には、①ユーロ圏実体経済の減速が著しいこと、②域内政治不安がぬぐえないこと、③FRB(米国連邦準備制度理事会)の正常化プロセスが途切れるかもしれないこと、である。