(毎日新聞社/アフロ)

平成の30年間に日本で起きた震度5弱以上の地震は110回に達した。うち震度7の巨大地震が、阪神淡路大震災(1995年)、新潟中越地震(2004年)、東日本大震災(11年)、熊本地震(16年)、北海道胆振東部地震(18年)と5回もあった。気象災害も115回あり、うち13回は名称がつく大災害だった。

下図のような気温の上昇が直接の原因かどうかは不明だが、水害・土砂災害も増加。18年9月の北海道胆振東部地震では、前日の台風による豪雨もあり甚大な土砂災害が起きた。また、18年7月豪雨では、最大雨量を観測した高知よりも雨量の少ない、広島や岡山など瀬戸内地方で被害が大きかった。40度超えの猛暑日には「災害レベルの暑さ」と気象庁も警鐘を鳴らした。