沖縄県知事選で当選後、支持者と共にカチャーシーを踊る玉城知事(共同通信)

玉城デニー氏が佐喜真淳氏に大差で勝利した2018年9月の沖縄県知事選挙では、SNS上で「#デニってる」というハッシュタグが登場した。沖縄の多くの若者が使っていたのだ。

この選挙では、前回(14年)と大きく違う点が二つあった。一つは、イデオロギーの対立構造が希薄だったことだ。

前回は、故・翁長雄志氏側の革新系「オール沖縄」(辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議)と、当時現職の仲井眞弘多氏を推す保守系市長連合「チーム沖縄」(沖縄の振興を考える保守系市長の会)の事実上の一騎打ちだった。

このときは、政党色の強いイデオロギーが前面に出ていた。従来の「米軍基地反対」「沖縄振興一括交付金による経済振興」という対立軸が存在した。