ポスト平成に向け、新幹線の新線建設が全国各地で進んでいる。

北海道新幹線は新函館北斗─札幌間が2031年春に開業予定だ。5時間を超えるともいわれる東京─札幌間の所要時間短縮に向け、JR東日本は時速360キロメートルで走行する新型車両を開発中。完成すれば旅客数世界一を誇る羽田─新千歳間の空路からの利用者シフトが多少は見込める。30年の冬季五輪開催地が札幌に決まれば、開業が前倒しとなる可能性もある。

(撮影:尾形文繁、梅谷秀司)

北陸新幹線は23年春に金沢─敦賀間が開業予定。その先には新大阪まで延伸の計画がある。スケジュール上は、北海道新幹線の札幌延伸完了後に本格工事に入る予定だが、関西財界は「もっと早く」と、中央に要請している。むろん、早期工事着手には財源確保が不可欠だ。