住宅用太陽光発電による電力の固定価格買い取り制度(FIT)の買い取り期間が2019年11月から順次終了する。これを機に、新たなビジネスが次々と生まれようとしている。

一般家庭と新たに契約を結んで“卒FIT電力”を買い取ったり、二酸化炭素(CO2)排出ゼロである卒FIT電力を集めて脱炭素化を進める企業に販売したりする新ビジネスの発表が18年後半から相次いでいる。

大手商社系の丸紅新電力と、電力販売ビジネスへのクラウドシステム導入で先行するパネイルは18年11月に合弁会社を設立。19年11月から卒FIT電力の買い取りを全国規模で開始すべく、代理店の募集を始めた。19年度内に3万件の契約を目指す。

次世代ビジネスでの提携相次ぐ。丸紅新電力とパネイル