東京センチュリーが航空機リースを強化

バブル崩壊後も年間7兆〜8兆円で踏ん張り続けていた国内リース市場の取扱高(リース契約額の総額)は、リーマンショックを受けて激減。取扱高は5兆円で頭打ちとジリ貧に陥った。2018年度は4〜10月累計で前年同期比3.8%増と堅調ではあるものの、ウィンドウズの入れ替え特需に支えられた面が大きい。

ただ、大手リース会社の業績はすこぶる順調だ。純利益で3000億円を超すオリックスを筆頭に、今期も最高益更新を射程に収めた会社が目白押しだ。国内では環境エネルギー、海外では航空機といった成長分野への取り組みが実を結んでいる。