製造業では戦後最大の倒産となったタカタの経営陣(撮影:尾形文繁)

平成は大型倒産が多発した時代だった。負債1000億円以上の大型倒産は約250社。負債1兆円以上の超大型倒産も10社を数えた。戦後の大型倒産(上位20社)も、すべて平成に破綻した企業だ。

一般的に企業倒産件数は「景気の遅行指数」といわれる。平成初期の倒産は好景気を反映し、歴史的な低水準が続いた。しかしバブル崩壊を機に一転増加。この時期の大型倒産を見ると、バブルを謳歌した不動産・レジャー関連が目立つ。

以降、1990年代後半〜2000年代前半にかけ未曾有の倒産ラッシュを迎えた。メガバンクの不良債権問題を背景に建設、流通、金融などで大型倒産が多発。特に00年10月は倒産史に残る月だ。戦後最大の倒産となった協栄生命保険、戦後3番目の千代田生命保険の生保2社が同じ月に更生特例法申請に追い込まれた。