日本の上場バイオベンチャーは30社ほどだが大半が赤字経営。業界が大きく育つために何が必要か。2013年の上場時から営業黒字を続ける希有なバイオベンチャー、ペプチドリームの創業者、窪田規一会長に聞いた。

くぼた・きいち●1953年生まれ。76年早稲田大学卒。日産自動車などを経て2006年ペプチドリーム設立し社長就任。17年から現職、塩野義製薬などと製造会社ぺプチスターを設立し社長就任。(撮影:尾形文繁)

──日本のバイオベンチャーブームは00年ごろからですね。

経済産業省が主導した「大学発ベンチャー1000社計画」がきっかけ。米国に追いつけと。創薬系バイオも注目を集めた。

ただ、創薬ベンチャーの時間軸が理解されていない。ゲームやECのように完成した技術基盤の上にコンテンツをのせる事業なら数年で利益を出せる。創薬は、薬の候補物質を探して薬にし、承認を取って製造販売に至るまで、15年はかかる。投資家は数年で成果が見えないと離れてしまい、資金不足という負のスパイラルに陥る。

──上場で資金調達しても、売上高や営業黒字化など縛りがあるため、上場維持に経営資源を奪われ、研究開発に集中できない問題があります。