巨額買収でメガファーマとなる武田薬品工業のウェバー社長(撮影:今井康一)

2019年1月8日、国内製薬首位の武田薬品工業が欧州製薬大手シャイアーをのみ込む。6.6兆円を投じた巨額買収で、売上高3.3兆円に及ぶ世界7位、日本初のメガファーマ(巨大製薬企業)が誕生することになる。

この巨額買収が国内業界再編の契機となる可能性がある。「大手を中心に製薬業界が動く」と予測する声は少なくない。

業界では05~07年に激しい再編劇が起きた。医薬品売り上げ2位、3位のアステラス製薬、第一三共もその渦中で生まれた。合併により規模で武田に接近したライバル大手だが、買収で巨大化する武田に再び置いてきぼりを食う。その焦りが再編第2幕を誘引する一因になる。