訪日客需要増を追い風に、着実な成長を遂げている化粧品業界。だが30年を振り返ると小売り側の変化への対応など順風満帆とはいえない時代もあった。コーセー名誉会長・小林保清氏に平成の化粧品業界を回顧してもらった。

こばやし・やすきよ●1941年生まれ。97年コーセー社長、2007年会長を経て14年から現職。(撮影:今井康一)

「インバウンドの盛り上がりは正直、驚きだ」

平成を振り返る前に、戦後の話を少ししたい。戦後に入り資本の自由化が日本に押し寄せてきた。化粧品業界でも門戸が開放され、外資メーカーが続々と参入してきた。売り場をどうにか取られないようにするため、われわれ化粧品メーカーは百貨店のみならず化粧品専門店でも売り場を確保するようになった。さらに美容部員を化粧品専門店に派遣し始めた。それが結果としてうまく生き延びる策になったと思う。

だが平成に入り小売りも大きく変化した。1997年の化粧品の再販制度の撤廃はその1つ。欧米の場合、高級化粧品は乱売されることがなかったが、当時の日本では乱売された。ただ、粗利の高い化粧品は本来、売り手にとっても利益を出しやすいもの。そのため小売りも激しい乱売が起きないように変化した。