スーパーには多くのチューハイが並ぶ

ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)市場は、2018年も冷え込みが続いた。18年上期の大手5社の課税出荷数量は、前年同期比4%減の1億8000万ケース程度で着地。下期の挽回も難しい情勢だ。17年6月から始まった酒類の安売り規制により、小売店の店頭価格が上昇した影響が大きい。

一方、同じ酒類でも市場拡大中なのが、カクテルやハイボールを含むチューハイだ。ビール類市場からの消費者の流入が続き、小売市場規模はこの5年で4割以上伸び、3200億円を突破した。

特にアルコール度数が7度以上の“高アル”チューハイが市場の成長を牽引。業界関係者は「手軽に安く酔える点が受けている」と口をそろえる。