日清食品が655億円を投じた即席麺の新工場

大手食品メーカーによる設備投資の動きが活発だ。これまで年間1兆円前後で推移していた業界全体の設備投資額が、2017年に2.4兆円を突破(財務省「法人企業景気予測調査」、土地を含みソフトウエアは含まず)。19年以降に新工場や新製造ラインの稼働が相次ぐ。国内食品市場は少子高齢化・人口減少の影響で先細りになる中、なぜこのタイミングで設備投資が盛り上がるのか。

日清食品は、18年8月から滋賀県栗東市の即席麺新工場で一部ラインの稼働を始めた。19年12月までには全面稼働する予定だ。同社にとって、即席麺の新工場稼働は1996年に竣工した静岡工場(同県焼津市)以来、22年ぶりのこと。新工場への総投資額は655億円に上る。