2019年10月、大きな試練が外食業界を待ち受けている。10%への消費税率引き上げと軽減税率の導入だ。低所得者への配慮の観点から飲食料品の消費税率が8%に据え置かれる一方、外食や酒類は10%に引き上…