ファーストリテイリングは主力ユニクロの拡大で最高益が続く

長引くアパレル不況下、2018年は業界内の明暗がくっきり分かれた年だった。

業界最大手のファーストリテイリングは主力事業のユニクロが好調で、18年8月期も最高益を更新した。国内では厳冬に猛暑という天候がプラスに働き、実需に対応したヒートテックなどの商品が順調に売れた。出店を加速する中国や東南アジアでもブランド認知度が高まり、ユニクロの海外売上高は18年に初めて国内を突破(下図表)。決算説明会で柳井正会長兼社長は「普段着としての最高の服を作り、世界中に進出したい」と自信をみなぎらせた。

同様にベーシック衣料を販売する無印良品の運営会社・良品計画も好業績を維持する。靴下や下着など定番商品の値下げ効果で客数が増え、衣服・雑貨部門が業績を牽引。ユニクロも無印も、国内外で通用するブランドコンセプトの強さとスケールメリットを生かした価格競争力を、顧客獲得につなげている。