2019年9月の閉鎖が決まった伊勢丹府中店(撮影:尾形文繁)

2019年の百貨店業界は、長年抱えてきた課題に直面する1年になりそうだ。市場の縮小基調が続き、業界全体の売上高は17年まで4年連続で前年割れ。現在の市場規模は、1990年代のピークの6割に減少している。

ただ、17年後半から18年にかけては追い風が吹いた。訪日外国人客が増加し、それに伴い免税売上高が拡大。訪日客需要の恩恵を受けることができる首都圏や関西圏の大型店舗は、総じて売り上げが好調だった。

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は、基幹店である伊勢丹新宿本店の売上高が18年4月から10月の累計で前年同期比7.2%増、銀座三越も同7.1%増で推移した。J. フロントリテイリングは、大丸心斎橋店が18年3月から8月の累計で前年同期比9.3%増。高島屋も大阪店が同期間の累計で前年同期比5.1%増だった。