iPhone誕生前、日本発のモバイル革命を起こしたのがNTTドコモの「iモード」だった。仕掛け人の夏野剛氏に、ポスト平成における日本のIT業界の課題と展望を聞いた。

なつの・たけし●1965年生まれ。88年早稲田大学政治経済学部卒業。NTTドコモ「iモード」の立役者。ドワンゴやグリーなどの取締役も務める。著書多数。(撮影:大澤 誠)

──平成はパソコン、スマートフォンの時代でした。ポスト平成は何の時代になると考えますか。

今「Google Home」などのAIスピーカーが普及し始めているが、スマホから大きく進化したとはいえない。私は最終的には(人間の脳に直接電磁波を送る)脳内通信が主流になると考えている。ただし、クリアしなければいけない問題は多い。実現には20〜30年かかるだろう。その間に、SF映画によく出てくる、ペンを振るとバーチャルの画面が出てくるようなデバイス(ハードウエア)が登場するかもしれない。

──日本から米アップルや米グーグルのようなイノベーション企業が生まれると期待しますか。