ロボットを絡めるなど、各社は工夫を凝らして付加価値を高める(撮影:梅谷秀司)

工作機械とは「マザーマシン」とも呼ばれる、機械を作る機械だ。金属の塊を削り、自動車エンジンのギアやスマートフォン(スマホ)のカメラレンズ用金型といったさまざまな機械の部品・金型を作り出す。

近年、工作機械業界に対するニーズは、微妙に変化している。背景には製造業で頻繁に耳にするようになった「スマートファクトリー」の流れがある。

これは単なる自動化ではない。センサーやモーターを用いて、工場全体の稼働率や部品の寿命を可視化する、IoT技術の活用を指しているのだ。

実際、工作機械の動作制御を担うNC(数値制御)装置で世界的大手のファナックや、工作機械国内大手のDMG森精機は、工場のIoTのプラットフォーム開発に尽力してきた。ファナックの稲葉善治会長は「機械同士をつなげることはできた。これからはそれによって、何が可能になるのかを示す段階だ」と語る。