いつのまにかゴーン氏は必達目標をうたわなくなった(撮影:尾形文繁)

日産自動車のカルロス・ゴーン会長(当時)が東京地検特捜部に逮捕されたのは2018年11月19日のこと。カリスマはどこで何を間違えたのか──。ゴーン氏は2兆円もの有利子負債を抱え倒産寸前だった日産を、苛烈なコスト削減と斬新な経営手法で復活に導いた。その成功の要因をあらためて振り返ると、ゴーン流経営が近年失速していった理由が透けて見える。

再建が成功した理由としてはまず、明確な目標設定と厳格なまでの成果主義が挙げられる。後にゴーン氏の代名詞にもなる「コミットメント(必達目標)」だ。再建計画「日産リバイバルプラン」(NRP)が目標未達の場合は辞任すると宣言し、厳しい数値目標をクリアすることを部下に要求。ぬるま湯体質だった社内に緊張感を生み、社内での求心力も一気に高めた。