創業10年以内でその評価額が10億ドル以上、かつ株式非上場のテクノロジー企業をユニコーン企業と呼ぶ。ユニコーン(一角獣)に例えられるのはめったに遭遇しないからだ。

米調査会社CBインサイツによれば、米国には121社、中国には76社(2018年8月時点)。ユニコーン企業が米中に集中しているのはなぜか。ユニコーン予備軍である、機械学習の自動化ソフト開発会社・米データロボットのCEO(最高経営責任者)でデータサイエンティストのジェレミー・アシン氏に聞いた。

Jeremy Achin●1980年生まれ。2012年データロボットを起業。同社は2.25億ドルを調達した。ソフトは日本企業では日本航空、リクルートホールディングスなど100社以上に採用されている。(撮影:田所千代美)

──日本のユニコーン企業はどこですか。

AI(人工知能)開発会社のプリファードネットワークスだ。

──18年に上場したメルカリを入れても、日本ではユニコーンと呼べるのは2社だけです。中国からユニコーン企業が続出しているのはなぜでしょう。

中国ユニコーンのビジネスモデルは米国ベンチャーのコピーにすぎない。が、自国市場が大きく、中国内の投資資金も潤沢なのでユニコーン化しているといえる。

──日本からユニコーン企業がめったに生まれない理由は。