無人化と労働の未来――インダストリー4.0の現場を行く
無人化と労働の未来――インダストリー4.0の現場を行く(コンスタンツェ・クルツ、フランク・リーガー 著/木本 栄 訳/岩波書店/2800円+税/231ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
Constanze Kurz●1974年生まれ。情報学博士。ホワイトハットハッカー集団「カオス・コンピュータ・クラブ(CCC)」のスポークスマンの1人。新聞でのコラム連載も。
Frank Rieger●1971年生まれ。ハッカー、コラムニスト、インターネットアクティビスト。通信セキュリティ企業の技術最高責任者を務め、CCCのスポークスマンの1人。

自動化で失職者増えた時負担の公平化は可能か?

評者 BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

1990年代以降の情報通信革命で、先進国から多くの製造現場が消えた。近年始まったのは、非製造業での自動化だ。われわれの仕事や暮らしは今後、どう変わるのか。

本書は、世界に先駆け第4次産業革命を打ち出し製造現場の変革を続けるドイツで話題となった、無人化時代の労働社会を考えるための一冊だ。原著の出版は2013年だが、その深い洞察に驚かされる。

本書の構成はユニークで、前半は、主食のパンが食卓に届くまでの様々な労働現場を描写する。小麦畑、農機メーカー、製粉所、管理倉庫で、かつて人間が行っていた仕事がどのように機械に置き換えられたか、興味深く論じる。

後半のテーマは、非製造業で始まった知能の自動化である。頭脳を使う仕事は代替が難しいと皆慢心しているが、今後、ソフトウェアやアルゴリズムが代替する。低賃金の仕事だけでなく、計画立案、報告書作成、管理などの業務も対象だ。最後に残るのは、人間だからこそ作り出せる真に創造的な仕事だけという。

自動化に伴い、さまざまな職場でプログラムを組み、機械を制御し、メンテナンスする仕事の重要性が増す。わが子に薦められる仕事は、プログラマーということか。同程度の能力と教育を受けた人が就くことのできる職場が自動化されるため、賃金低下圧力が続く。最低賃金は重要だが、それがコスト高をもたらし、さらに、自動化が促される。

ドイツでも教育の重要性が叫ばれるが、現在の改革は平均的な教育水準を多少押し上げる程度で、無人化で消滅する仕事の人材を送り出すだけと、手厳しい。社会が大変革を迎えるからこそ、人文学系の見識と大局的視点が役立つが、それが軽視されていると嘆く。いずこも状況は同じだ。

機械で処理できるなら機械で行うべきで、人間が単調な労働から解放され、やりがいのある創造的な仕事に就くことができるとして、自動化には肯定的だ。

ただ、職を失う人が負担を強いられることがない公平な分配が必要と訴える。公平な形で機械が人間の労働を代替するには、少数の人に権力や金が集中する現状を続けるかどうかが核心的な問いであると、挑発的だ。

評者は、生産年齢人口の減少が、経済成長の大きな制約になると考えてきた。今もその考えは強いが、仮に定型的な仕事の多くが機械で代替可能なら、制約は大きくないのかもしれない。技術にもっと期待していいのだろうか。