神奈川県三浦半島の東側の付け根から、半島中央部にかけて広がるのが横須賀市だ。面積は約100平方キロメートル、人口は約40万人。神奈川県では横浜、川崎、相模原、藤沢に次いで5番目に人口が多い中核市である。

市の東側は東京湾に面する。軍港として栄えてきた横須賀港があり、米軍施設が軒を連ね、独特の雰囲気がある。中心部にあるのが京浜急行の横須賀中央駅。その付近に市役所などの行政施設や商業施設がそろう。JR横須賀駅周辺には住宅があるが繁華街はない。横須賀駅が市の中心と思って駅に降り立つと戸惑うことになる。

横須賀中央駅のある若松町や大滝町から南東に下ると、リゾート感覚あふれる馬堀(まぼり)海岸の住宅地が広がる。そして馬堀海岸を過ぎれば観音崎だ。ここには観音埼灯台があり、狭い東京湾を航行する船の目印となっている。湾の入り口に当たり海流が強いことから、この海域で取れるアジやサバはブランド品として珍重されている。