カリフォルニア州メンローパークにある本社。今年9月末時点で約3.4万人が働いている

2004年2月に米ハーバード大学の一室で生まれたSNS「フェイスブック(FB)」。GAFAの中でも歴史が浅く、創業者兼CEO(最高経営責任者)で筆頭株主であるマーク・ザッカーバーグ氏の年齢は34歳と、若さを売りに成長してきた。

社歴は浅いが、ユーザー規模はすさまじく大きい。18年7~9月期の月間利用者は22.7億人(下図表)で、傘下の対話アプリ「ワッツアップ」、FB本体から派生した対話サービス「FBメッセンジャー」、写真・動画共有アプリ「インスタグラム」の4サービスいずれかを使っている月間利用者は26億人に上る。中国とインドの人口を足した規模の人数が月に1回以上、FBグループのサービスにアクセスしている計算となる。

ユーザー規模の拡大に伴い、業績も拡大している。17年度の売上高は前期比47%増の407億ドル、当期純利益は同56%増の159億ドルと、直近の成長率はGAFAの中でも際立つ。営業利益率は50%で収益性も高い。

業績の要となるのが広告収入だ。17年度の事業別売上高では98%と、ほぼすべて広告収入に頼っている。GAFAの中でも最も特定事業に売り上げを依存している事業構造といえる。

FBが手掛ける広告事業の強みはターゲティング力にある。サービス自体が実名登録を原則としているため、FB上には年齢、性別、交際ステータス、学歴、職場、役職など利用者の詳細なデータが集まっている。利用者本人がここまで詳細に入力する情報はグーグルやヤフーにもなく、広告主にとっては「宝の山」になっている。

またFBは、どのような投稿に対して「いいね!」を押したのかなど、ユーザーの行動からその人の趣味・関心を分析・推測している。FBによれば、一般的なウェブサイトの広告と比べ、FBの広告のターゲティング精度は1.5倍正確だという。