LINEの出澤社長は会見で、現在の銀行は「ユーザーからすれば改善余地がある」と語った(時事)

「これで重要なパーツはそろった」。11月27日、LINEが開いた金融関連サービス発表会で、出澤剛社長はそう語った。

国内最大のメッセンジャーサービスを運営する同社が銀行業に参入する。みずほフィナンシャルグループ(FG)との合弁で、2020年にも開業する見通しだ。

ネット企業の動向を見ていれば、今回の参入はある程度予想できたかもしれない。楽天は09年にネット専業のイーバンク銀行を傘下に収め、10年には楽天銀行へと商号変更。またヤフーは00年に三井住友銀行との合弁でジャパンネット銀行を設立、17年に取締役の過半数を派遣することで、出資比率は過半ではないが連結子会社化した。業界全体で金融強化の波は顕著だ。

スマホ決済で猛攻