JR総武線は東京と千葉をつなぐ首都圏の主要幹線の一つである。この総武線の東京都内における東端の駅が小岩だ。小岩駅には快速電車が停車しない。

このエリアは江戸川と新中川に挟まれた中州のような立地であり、これまで住宅地としてほとんど注目されてこなかった。住宅環境としても、駅前は広場が整備されておらず、飲食店や物販店が所狭しと立ち並び、やや猥雑な印象を受ける。商店街は物価が安く、下町情緒も感じられるものの、夜は若い女性などにはちょっと立ち寄りがたい雰囲気の場所もある。江戸川区自体、あまり治安がよくないという印象が強く、これまでは「住みたい街」として選択する人は少なかったようだ。

ところがこの街は今「伸び筋の街」として評価され始めている。小岩駅は快速電車こそ停車しないが、錦糸町駅まで直通で10分。錦糸町には東京メトロ半蔵門線が接続するので、三越前や大手町、また表参道、渋谷方面へのアクセスも軽快だ。秋葉原駅や東京駅にも15分程度でアクセスでき、都心の「働き世代」が住宅選びの際にとりわけ重視する「交通利便性」を見事に備えている。