「欧州軍」創設に向けた議論がにわかに盛り上がりを見せている。欧州連合(EU)で統一の軍隊を持つという案は最近、フランスのマクロン大統領が提示したものだが、米国のトランプ大統領はこれを「屈辱的」と批判。しかし、ドイツのメルケル首相は欧州軍創設に賛意を表明している。

欧州軍構想が前面に出てきたのは今年11月。第1次世界大戦終戦100周年を迎え、欧州の関心はおのずと“戦争と平和”の問題に向かっていた。第1次大戦の戦場跡を視察したマクロン氏は「欧州の平和は危うい状況にある」と断じ、「真の欧州軍を持つ決断を下さないかぎり、欧州の人々を守ることはできない」と述べた。

欧州軍のアイデア自体は第2次世界大戦後、欧州が統合に向けて動きだした当初から存在していた。しかし「欧州防衛共同体」の下、旧西ドイツ、フランス、イタリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクから成る汎欧州防衛軍を創設する計画は、1954年にフランス議会が条約批准を拒んだことで頓挫。その後、欧州統合の枠組みは経済重視となり、安全保障は北大西洋条約機構(NATO)および米国任せの状態が続いている。