11月5~10日に開かれた中国国際輸入博覧会。大虹橋ビジネスエリアの国家会展中心が会場となった(新華社/アフロ)

上海市の西側に広がる「大虹橋ビジネスエリア(大虹橋商務区)」の存在感が増している。11月初旬、国家的イベント「第1回中国国際輸入博覧会」が開かれ、一躍、注目度を高めた。上海には金融センターとして知られる浦東新区があるが、設立以来25年が経過、その機能は限界に達している。「大虹橋」が浦東新区と並ぶ上海のビジネスの「顔」になりつつある。

「大虹橋ビジネスエリア」は上海市街地の西側に位置し、国内線主体の虹橋国際空港、高速鉄道のターミナルである虹橋駅に隣接した約27平方キロメートルの地域。2009年に上海市政府が基本構想を発表、翌10年から本格的な工事が始まった。計画以前は農地に古い住宅が散在していた地域で、実質的にはほぼゼロからの開発だった。

市の中心部から20キロメートルの距離があり、当初は知名度が低く、市民の見方も懐疑的だった。しかし13年にアリババグループが中心区画の土地(使用権)を取得、上海総部の設置を発表(17年完成)。14年ごろからオフィスビルや高級マンションなどへの入居が本格化、大型のショッピングモールも次々と完成してにわかに注目度が高まった。

さらに同年、世界最大級の規模を持つ国家エキシビション・コンベンションセンター(国家会展中心、NECC)が開館したことで、一気に集客力がアップ、周辺の大型ホテルの稼働率も高まった。そして今年、習近平国家主席も来場して前述の第1回輸入博が開かれたことで、中国の代表的ビジネスエリアとしての地位が固まった。