いわさ・ひろみち●1942年生まれ。67年慶応義塾大学大学院修了後、三井不動産入社。95年取締役、97年専務取締役、98年代表取締役社長、2011年会長。(撮影:梅谷秀司)

「一度、本気で資産を棚卸ししましょう」。資産デフレが始まっていた1995年、取締役となっていた私は、当時の田中順一郎社長に話をしていた。

収益還元法やDCF法(ディスカウント・キャッシュフロー法)を使い、すべての保有資産やプロジェクトを時価会計で洗い出そう、という議論に田中社長も共鳴してくれた。

出てきた結果を見てみると……、一刻の猶予も許されない危機的な状況であった。三井不動産は96年度から99年度まで4期連続で最終赤字を計上することになる。価格の高い時期に取得した不動産を思い切って次々と損切りした。ノンバンクや建設業などのグループ会社もこの際に整理し、本業回帰を進めた。