1970年代に多く建設された都市部郊外のニュータウン。そのニュータウンが現在、住民の減少と高齢化に悩まされている。その理由は、家がそれを買った親世代の一代限りのもので、息子や孫が引き続き住まないことである。一時期に集中して分譲され、その後街にやってくる新住民がいない状況が続くと、街は高齢化し、活力を失っていく。

そんな状況に陥るニュータウンが多い中で、奇跡的に今でも成長を遂げている街がある。千葉県佐倉市の「ユーカリが丘」だ。

ユーカリが丘住宅地は71年に、デベロッパーの山万によって開発が始められた。山万という会社は、元は大阪の繊維問屋であったが、64年に本社を東京に移転、以降住宅開発分譲業に進出した。