BIM(ビム=ビルディング・インフォメーション・モデリングの略)と聞いても、建設業界の関係者以外は知らないかもしれない。スマートフォンゲームやVR(仮想現実)などで3D(3次元)画像を見る機会が増えたが、BIMはいわゆる3Dの建築設計図である。

BIMにより3D化されたマンションのイメージ(フカシ提供)

最近ではVRゴーグルを着けて完成前のマンションを確認できるサービスが出てきている。2次元(2D)の平面図に比べて商品イメージがわかりやすく消費者に伝わるが、BIM導入のメリットはほかにもある。

それは、3DのBIMになると、建物の部材ごとの「数量」がコンピュータで自動計算できることだ。これに部材「単価」を掛ければ「コスト」が出る。つまり「建築コストの透明性」が格段にアップするのである。

“見える化”で水増しを防止

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP