(イラスト:ソリマチアキラ)

10月のことですが「ゴルフで熊本を元気に」というテーマで、熊本県の大津町でスナッグゴルフ体験会を開きました。今年で3年目を迎えます。

それに協力してくれたのは重永亜斗夢、永野竜太郎、秋吉翔太と、熊本出身の今伸び盛りの若手プロ、それにツアー機構のスナッグゴルフ担当長 武藤俊憲プロと私です。いうまでもなく、ゴルフを通じて震災に負けず子供たちに明るく元気に育ってほしいとの願いからですが、ボールやクラブと触れ合う子供たちの笑顔を見ていると、その心配も忘れます。

スナッグゴルフはボールもクラブも柔らかくできていますのでケガの心配もなく、そのうえボールも遠くに飛ばないので、狭いグラウンドや体育館でもプレーができるので手軽に遊べ、また、ゴルフで最も大切な、相手への思いやりや誠実さも学べるので、小さいお子さんには最適なスポーツと感じているんです。