「AI活用のビジネスにはまやかしが多い」

のぐち・ゆきお●1963年東大工学部卒、64年大蔵省入省。米イェール大学経済学博士。一橋大教授、東大教授などを経て、2017年から現職。近著に『AI入門講座』『入門 AIと金融の未来』など(撮影:吉濱篤志)

AIを味方につけるのか、それとも敵に回すのか。その立ち位置を決めることは、自らの仕事や生活の未来を見通すうえで決定的に重要になる。勝ち負けの選別や格差の拡大はこれまでにないほど激しくなる。私はAIを味方につけたい。そのためには、AIが実際は何をどこまでできるのかを知ることが欠かせない。

多くの人はAIが高度なもので自分の仕事や生活には関係ないと判断しがちだが、それは違う。確かにAIによってなくなる仕事はあるだろうが、人間の仕事がすべて奪われるわけではない。たとえば掃除は一見単純だが、AIでは代替できない。同じ紙切れでも、重要なメモなのか紙くずなのかは当人にしかわからないためだ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP