工事で損失が出たインドネシアの石炭火力発電所(写真は工事中のものとは別の建屋)

あっという間に株価は半値に転落した。

今年4月に持ち株会社制に移行した三井E&Sホールディングス(旧三井造船)の株価は、11月16日まで7営業日連続で年初来安値を更新した(終値ベース)。一時は10月4日につけた年初来高値の半分の水準まで落ち込んだ。

株価急落の最大の要因は、11月8日に発表された同社の2018年度中間決算である。279億円の営業赤字、478億円の最終赤字で自己資本を大きく毀損。銀行からの借入枠に付随する財務制限条項に抵触し、決算短信には「継続企業の前提に関する重要事象」が生じたことが記載された。