アリババの「独身の日」の大規模セール。今年は10回目の節目だった(Imaginechina/アフロ)

11月11日。1が連続することから中国で「独身の日」と呼ばれるこの日は、ネット通販(EC)の大セールが行われる。前夜には中国のEC最大手、アリババが主催するイベントが大々的にテレビ中継され、お祭り気分を盛り立てた。

今年の独身の日、アリババの流通総額は2135億元(約3兆4700億円)に上った。日本のEC大手・楽天の昨年の流通総額を1日で上回った計算になる。

中国でのEC拡大は、日本企業に恩恵を及ぼしてきた。2017年度、日本から中国への越境EC総額は前年比25.2%増の1兆2978億円(経済産業省推計)。今年の独身の日も、アリババでの輸入品人気ブランドランキングは、2位花王、3位ユニ・チャーム、5位ドクターシーラボと日本企業が上位に食い込んだ。

だが、今後は中国向けECの潮目が変わるかもしれない。きっかけになりうるのは、来年1月1日に中国で施行される「電子商務法」(EC法)だ。