静岡県熱海市は伊豆半島の付け根にある温泉地。大分の別府、群馬の草津などと並んでつねに名湯番付の上位にランキングされるえりすぐりの観光地だ。人口は2015年時点で約3万7000人。そのうち85%が観光をはじめとする第3次産業に従事しているという特殊な街だ。

熱海の歴史は江戸時代にさかのぼる。徳川家康が湯河原、箱根に加えて熱海を温泉地として好んだことから知名度がアップした。

その知名度を決定的にしたのが1934年の丹那(たんな)トンネルの開通だ。このトンネルはJR東海道本線の熱海駅から函南(かんなみ)駅を結び、全長は7804メートルに及ぶ。東海道本線はトンネルが完成するまで国府津(こうづ)駅から現在の御殿場線ルートで沼津駅へつながっていたが、急勾配だったため鉄道の円滑な運行に支障が生じていた。主要幹線が開通したことで、温泉地・熱海の地位は決定的なものになった。