治安のよさの裏側には、政府による徹底した監視がある

「一握りのエリート層が強大な力を持ち、大多数の無用者階級を支配する。世界はかつてない階層社会に突入する」

『ホモ・デウス』の中で、このように未来の社会を予言するユヴァル・ノア・ハラリ氏。現代の世界において同氏の言葉を予感させる国がある。シンガポールだ。

建国からたったの53年。シンガポールは世界で最も成功した国として知られる。

国民の豊かさの指標となる1人当たりGDP(国内総生産)は650万円と、アジアで1位。1965年の独立時から比べると100倍以上もの伸びを記録し、日本の1.5倍の水準だ。国際競争力も世界3位と、日本の25位を大きく上回る。世界大学ランキングでも、同国を代表するシンガポール国立大学は23位と東京大学の42位を超える。

一方で人口は560万人と少なく、国土も東京23区とほぼ同じほどの広さしかない。生活用水さえもマレーシアから輸入せざるをえないほど資源がない小国は、なぜ成功を続けているのか。大きな特徴は、選別に基づいた徹底したエリート主義だ。

建国の父リー・クアンユーは生前、次のように述べたことがある。

「人間の行動のほとんどは遺伝子によって決まる。政府の役割は、優秀な人材を見極めること。エリートをいかに生み出すかに、シンガポールの将来が懸かっている」

経済を成長させるために、いかに優れたエリートを確保するか。国父の徹底した選別思想は、シンガポールのDNAに深く刻まれている。

国家がエリートを育成 外国人も選別の対象

「シンガポールでは12歳で人生が決まる」

同国教育省の官僚はシンガポールの選別社会をこう表現する。

シンガポール人にとって、人生で最も重要なイベントの一つが、小学校卒業時の統一試験、通称「PSLE」だ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP